<< 夏季休業のお知らせ | main | 金継ぎ教室はじまりました >>
金継ぎ教室受講生募集中です
0

    毎年恒例の田代淳さんの金継ぎ教室、ことしも9月に開講します。

     

    これまでは欠けと割れの修理を両方やっていましたが、

    今年からは欠けの修理を学ぶ「本科」と、割れの修理を学ぶ「別科」

    の二本立てで開講します。

    9月、10月、11月の三回の授業で、

    修理の基本を学びます。

     

     

    「本科」で学ぶのは、欠けの修理の方法です。

    こんなふうに壊れてしまった器はありませんか?

     

    教室では、生漆と砥の粉を混ぜたパテで

    少しずつ欠けた部分を埋めていき、

    元の形に戻ったらナイフで削って表面を平らにし、

    精製漆を塗ります。

    田代さんの教室ではすべて天然漆を使用しますので、

    ここまでやるのに一カ月以上かかります。

     

    漆仕上げの場合はこのうえに

    さらにベンガラ漆か白漆を塗って終了。

    粉を蒔く場合には漆が生乾きの時に、

    真綿に金属粉をつけて仕上げます。

    最後はちょっとだけ「工藝」の領域に入ります。

     

    銀仕上げの例      田代淳『漆でなおす』より 

     

    割れの修理は別科で学びます。

    割れたパーツをつなぎ合わせるには、生漆と小麦粉を混ぜ合わせた

    麦漆を接着剤として使用します。

     

     

    元の形に戻った後は、欠けの修理と同じ工程になります。

     

    錫仕上げの例      田代淳『漆でなおす』より

     

    本科の教室では、毎回昼食をはさんで作業を行います。

    お昼ご飯には田代さんの「てはじめ椀」でいただく

    お味噌汁がつきます(内容は毎回変わりますのでお楽しみに)。

     

    教室の詳細は観慶丸本店のホーム―ページをご覧ください。

     

    受講のお申し込みは、メールでも受け付けています。

    メールのタイトルを、「金継ぎ教室申し込み」とし、

    本文にお名前、受講希望のコース、ご連絡先の電話番号を

    ご記入の上、以下のアドレスまで送信してください。

     

    info@kankeimaru.com

     

    日曜のクラスは残席わずかとなっております。

    受講ご希望の方はお早めにお申し込みください。

     

     

    | - | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kankeimaru.com/trackback/727
    トラックバック