<< 左藤玲朗 硝子展 【号外 トークイベント速報】 | main | 2018左藤玲朗 硝子展6. >>
2018左藤玲朗 硝子展5.左藤時計の魅力
0

    今回は左藤時計の魅力の特集です。

     

    左藤時計 ステンレスケース ¥60,000+税 在庫1.

     

    左藤時計の特徴は大きく膨らんだ風防ガラス。

    周辺部では文字盤の数字が大きくゆがみ、

    時計内部の空間の密度を高めます。

     

     

    文字板はステンレスの板に和紙を張ったもの。

    こちらが側からあたる光が和紙を通過し、その後ろにある

    ステンレスの板に反射して全体がほのかに光ります。

     

    和紙は石州和紙。透明性を出すために、

    ろう引き処理が施されています。

     

    左藤時計 スチールケース ¥60,000+税 在庫1.

     

    ケースも左藤さんの苦心の作です。

    ステンレスケース、スチールケースともに、

    ブルーイング(酸化皮膜処理)が施され、

    新品ながら落ち着いた雰囲気になっています。

     

     

    量産の壁掛け式の時計と異なり、左藤時計は裏側までも

    密度の高い仕上がりです。

     

    ねじを外せば、裏板、ケース、

    文字板、風防ガラスに分解でき、メンテナンスも簡単です。

     

    何度も試作を重ねた末の、完璧な仕上がり。

     

    「何事においても正解は一つ。それ以外は全部間違い」という

    左藤さんの理念が貫かれています。

     

    仕上がりの美しさはもちろん、

    「時を示す」という時計の機能の神秘性に

    改めて気付かせる左藤時計。

     

    スチールケース、ステンレスケースとも、

    直径は14僂阿蕕ぁI耽砲魯后璽辰汎阿連続運針タイプです。

     

    あなたのお部屋にもひとついかがでしょうか?

     

     

    ++++++++++++++++

     左藤玲朗 硝子展

    2018年4月13日(金)〜22日(日)

    10:00〜18:00 火曜定休

    会場:カンケイマルラボ

     ++++++++++++++++

     

    | - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kankeimaru.com/trackback/670
    トラックバック