<< 2018左藤玲朗 硝子展4. | main | 2018左藤玲朗 硝子展5.左藤時計の魅力 >>
左藤玲朗 硝子展 【号外 トークイベント速報】
0

    14日の夕方に開催されたトークイベント。

    テーマは「道具の良し悪しについて」

     

    下の写真は、トーク中、説明のために左藤さんが

    描いた道具の絵。

     

     

    ガラス制作のための道具は外人用が多くて、

    でかすぎて使いにくいので自分でつくらないと

    ダメだ、というような話から始まった。

     

    左藤さんの話は具体的なので空回りせず、

    ぐいぐいと聞き手の心をとらえる。

    おかげで進行はとても楽。

     

     

    ガラスの色には透過色と反射色があり、

    どちらもきれいでないと器としては失格。

    「まあ、そんなこと知らんでも、

    お客さんはちゃんといいものを選ぶんですけど」

     

     

    コップに限らず、いい仕事とは材料を美しく見せること。

    素材を美しく見せるには技術が必要。

    何も手を加えなければ、素材は「ただそれだけ」のものだから。

     

    将来の夢は、ガラス制作担当の相棒と二人で工房を営むこと。

    吹きガラスは相棒に任せ、自分は道具の整備と買い物に専念したいと。

     

    ただ、先月ガラスを吹くときの吹き竿の回転方向を変えて、

    「吹きガラスにも自信が出てきた」とも。

     

    これ以外にもいくつもの興味深いポイントをめぐって、

    左藤さんの話は1時間ほどで終了した。

     

    その後は、お向かいのtrattoria del centroさんの

    料理を楽しみながら参加者全員で歓談。

     

    お集まりのお客さま、ありがとうございました。

     

    ++++++++++++++++

     

    左藤玲朗 硝子展

    2018年4月13日(金)〜22日(日)

    10:00〜18:00 火曜定休

    会場:カンケイマルラボ

     

    ++++++++++++++++

     

    | - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kankeimaru.com/trackback/669
    トラックバック