CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
安彦年朗 木工展3.
0

    安彦さんは昨日の昼前に石巻に到着。

     

    待ち構えていた女性客と歓談する安彦さん。

     

     

    最初の二日間で売り場はかなり品薄になってしまいましたが、

    追加の納品もしていただきました。

     

    安彦さんは今日23日も在廊されます。

    みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

     

    ********************

    安彦年朗 木工展

     

    7月21日(金)〜30日(日) 

    10:00〜18:00 火曜定休

    会場:カンケイマルラボ

     

    P.駐車場はカンケイマルラボ裏にございます。

    ********************

     

    | - | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
    安彦年朗 木工展2.
    0

      安彦年朗さんの個展は、

      いよいよ本日10:00スタートです。

       

      モビール 天使(小) 3,500+税

       

      明日22日は、石巻の中心市街地で、

      恒例の「一箱古本市」が開催されます。

       

      観慶丸本店松川横丁側のガレージ前には、

      ペンギン文庫さんが出店されます。

      ラボ前にもお店が出る予定ですので、

      古本屋さん巡りの(ペンギン文庫さんは新刊書店ですが)

      合間にもお立ち寄りください。

       

      安彦さんの在廊日は、明日、明後日です。

      みなさまのご来店をお待ちしております。

       

      ********************

      安彦年朗 木工展

       

      7月21日(金)〜30日(日) 

      10:00〜18:00 火曜定休

      会場:カンケイマルラボ

       

      P.駐車場はカンケイマルラボ裏にございます。

      ********************

      | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
      安彦年朗 木工展 1.
      0

        安彦年朗さんの個展は

        今週金曜からスタート。

         

        DMにのせた人形の印象が強いかもしれませんが、

        「木工展」ですから、スプーン、モビールなど、

        いろいろなアイテムが集まります。

         

        まずは、安彦さんがランプシェードを作っている動画をご覧ください。

        (knulp AA ギャラリーさんの映像)

         

         

        ドリルとか、チェーンソーとか、工芸用というよりは工事用の

        機械で、結構仕上げに近いところまで作業をすすめているのが

        わかります。いわゆる「工藝」とは一線を画す仕事ぶりです。

         

        出来上がりはこんな感じ(映像で制作中の作品とは別物です)。

         

        ランプシェード 23,000+税

         

        特段変わったところのない、フツーの形と思われるかもしれませんが、

        大きなエネルギーを使って細かい作業をしてるためか、

        作品としての「まとまり方」が普通とは違います。

         

        この不思議なスケール感というか、実際のサイズから

        溢れるような密度の高さは、

        実際に見たり触ったりしないとわかりません。

         

        展示品は全部一点モノ。

        ワクワクするような展示会です。

        この機会にぜひご覧ください。

         

        ********************

        安彦年朗 木工展

         

        7月21日(金)〜30日(日) 

        10:00〜18:00 火曜定休

        会場:カンケイマルラボ

         

        P.駐車場はカンケイマルラボ裏にございます。

        ********************

        | - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
        掘り出し物
        0

          6月末は出張で東京へ。

           

          初日は川越でアフリカ関連商品の買い付け。

          「アフリカモノ」ということで、なんとなく夏に来てしまったが、

          倉庫が暑くて大変。暑い中、倉庫を案内して下さった

          スタッフのみなさんに心から感謝。

           

          仕入れの合間には、西荻に出て恒例のギャラリー巡り。

           

          いつも立ち寄る「魯山」では、

          田鶴浜さんの大皿と、アルミ(アルマイト?)の鉢を購入。

           

           

          直径44センチ。削り出しでつくられているらしい。

          質感もいいが、置いただけでかなりの迫力がある。

          魯山の大嶌さんはさすがにこういう大きなものの見立てが

          上手いなあと思う。

           

          大きなもので目を鍛えている人は小さなモノを

          選ぶ時にも間違いが少ないと思うが、逆は難しいだろう。

           

          器というのはたいてい手のひらに収まるぐらいの

          小さなものだけれども、それを頭の中で大きく拡大してみて、

          それでも見所が損なわれないようならば、良い器、という

          判断の仕方もあるかもしれない。

           

           

          次に立ち寄ったのは、『すべての雑貨』の「FALL」。

          店内をぐるっと見た後、三品さん(面識はない)に、

          「あのー、工藤冬里さんの作品は何かありますか?」

          と尋ねてみた。

          すると、「いやー、もうまともなモノは一つもなくって」

          と言いつつ、いくつかの「器」を出してくれた。

           

          「これなんかいいんじゃないですかね。砥部の磁土です」

          ということで、購入したのがこちら。

           

          工藤冬里 2,000+税(非売品。価格は購入金額)

          三品さんによれば、「花器のようなもの」だという。

           

          磁土なので壊れにくいと思うが、

          この作品は、そもそも壊れないということが

          なぜ積極的な意味を持つのか、

          という根源的な問いをわたしに突きつけてくる。

           

          このほか、古本コーナーで、港千尋の、『ヒョウタン美術館』

          という本を見つけて購入。

           

          「大皿、大鉢、花器、ひょうたん」というわけで、

          今回も西荻ではなかなか一貫性のある買い物が出来たと

          自分では満足しているが、こうした「テーマ批評」的な

          買い物に慣れていない人にとっては、無意味な散財以外の

          何物でもないだろう。

          | - | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
          観慶丸本店の本1.
          0

            このところ、仙台圏、首都圏からのお客さんが

            とても増えてきた。

             

            買い物をした後、うちに帰るまでの気持ち次第で、

            店の印象も変わるもの。出来れば帰りの車内も、快適に、

            心地よく過ごしていただきたい。

             

            そこで今日は、観慶丸本店で販売中の、

            帰りの電車や新幹線で読むのにぴったりの本のご紹介。

             

            木村衣有子 『のんべえ春秋』 どこでもビール号 800円+税

             

            「のんべえによる、のんべえのための小さな本」というだけあって、

            あくまでも酔いの心地よさを乱さない上品な内容。

             

            で、酒がテーマなのかと思って読むと、そうでもない。

             

            「どこでもビール号」の巻頭特集は、

            帯広でフリーランスの醸造エンジニアをしている

            十河文英さんについてのルボルタージュ。

            ここで印象的なのは、

             

            「僕はスキーが好きで、どうしても、

            ヨーロッパのスキー場に滑りに行きたくて。

            頭がまだ柔らかいうちに、心がまだ感受性が強いうちに、

            ヨーロッパに行きたかった」

             

            という件。わたしなんかは、ここを読んだだけで、

            「この人が作るビールは旨いに違いない!」

            と思ってしまうが、別にビールのことが書いてあるわけではない。

             

            テーマの「一歩前」の景色が美しい。

            そういう話が出来る人を木村さんが見つけてきて、まずインタビュー。

            大体そんな感じで作られているのが、この『のんべえ春秋』。

            最新刊 「どこでもビール号」は、その五冊目。

             

            観慶丸本店では、バックナンバーも販売中(創刊号は完売)。

            本店レジ前においています。見本もあるので、

            まずは手にとってご覧ください。

             

            | - | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
            中里花子 陶展5.
            0

              中里花子陶展は、本日が最終日です。

               

              pedestal plate h. 4.5 d. 24   20000 + tax. 在庫1.

               

              どっしりとした量感のある台皿。

              料理を盛っても、そのまま飾っても美しい作品です。

               

              bamboo mug  h. 8.5 d.8.5   5000 + tax    在庫1.

               

              定番のバンブーマグ。洗練されたフォルムとやわらかな

              素材感が魅力。残り一つです。

               

              deep bowl  h.9 d. 15.5      10000 + tax 在庫1.

               

              高台からの立ち上がりがとても美しいボウル。

              「グリグリ」と名付けられた模様も効いています。

               

              数は少なくなりましたが、魅力的な作品がまだまだ

              あります。最終日も、18:00までの営業です。

               

              みなさまのご来店をお待ちしております。

               

              +++++++++++++++++

              中里花子 陶展

              2017年6月16日(金)〜25日(日) 

              10:00〜18:00 火曜定休

              会場:カンケイマルラボ

              +++++++++++++++++

               

              | - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
              中里花子 陶展4.
              0

                中里花子 陶展から、展示販売中の作品のご紹介です。

                 

                今日の石巻は、歩くと少し汗ばむほどのよい天気。

                お散歩の途中に、是非お立ち寄りください。

                 

                petal bowl. h..5 5. d.9.5.         3.500+ tax. 

                 

                鮮やかな色使いが花子さんらしい小鉢。

                内側の青が料理をひきたてます。

                3点あり、それぞれ色が違います。

                これだけ手の込んだ作りで3500円は、絶対にお得!

                おすすめです!

                 

                wide rim bowl h. 4 d.15-16     3500 + tax 

                 

                使い勝手の良い大きさの鉢です。

                揺らぎのあるフォルムが食卓のアクセントに。

                ほかに、白と青があります。毎日大活躍間違いなしの器です。

                 

                 

                Chakrah bowl  h.5 d.17-18    5000 + tax 

                 

                刷毛目のリンカ鉢。

                繊細で、かつ力強いフォルムが魅力です。

                深さがあるので、汁ものにもぴったり。

                チャクラ(輪・轆轤)ボウルという名前もきれい。

                こちらも、今回イチ押しの器です。

                 

                +++++++++++++++++

                中里花子 陶展

                2017年6月16日(金)〜25日(日) 

                10:00〜18:00 火曜定休

                会場:カンケイマルラボ

                +++++++++++++++++

                 

                | - | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
                中里花子 陶展3.
                0

                  中里花子 陶展、展示販売中の作品のご紹介です。

                   

                  10th anniversary cup h.6. d. 6.5    6,000+税

                   

                  monohanako 10周年記念カップ。こちらの作品は

                  外側が緑、内側が青。6点入荷していて、

                  それぞれ色が違います。裏側には2017と刻まれています。

                  コーヒーやお酒に。

                   

                  Straight cup  h.7 d.8   4,500 + tax 

                   

                  すとんとしたかたちのカップに、不規則な破線で

                  模様が描かれています。部分的に「何か」に見えるところも

                  ありますが、そう思われる瞬間に線が別な方向に

                  流れて行き、見ていて飽きません。

                  湯呑として使うと、これまでと違ったお茶の時間が楽しめそうです。

                  おすすめのアイテムです。

                   

                   

                  Shallow bowl  h.4 d.16-16.5   3,500 + tax

                   

                  花子さんらしく、全体が軽やかにまとめられた唐津の浅鉢。

                  全体にカンニュウが入っていますが、しっかり焼かれているので

                  吸水性は低く、シミの心配もありません。

                  楕円形の5.5寸なので、取り皿としても使いやすい大きさです。

                   

                  品薄のアイテムも出てきております。

                  気になる作品がある方はお早めにご来店ください。

                   

                  +++++++++++++++++

                  中里花子 陶展

                  2017年6月16日(金)〜25日(日) 

                  10:00〜18:00 火曜定休

                  会場:カンケイマルラボ

                  +++++++++++++++++

                   

                  | - | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  展示会の余白に
                  0

                    19日深夜、盛岡の友人から送られた日本酒を

                    中里花子さんの漆黒の蕎麦猪口でいただく。

                    小さめの蕎麦猪口はお酒にぴったりの大きさ。

                     

                     

                    ちょっと一杯のつもりが、どんどん飲んでしまって

                    既に酩酊状態。

                    明日はお休みをいただきます。

                     

                    中里花子 陶展は、25日(日)まで。

                     

                    +++++++++++++++++

                    中里花子 陶展

                    2017年6月16日(金)〜25日(日) 

                    10:00〜18:00 火曜定休

                    会場:カンケイマルラボ

                    +++++++++++++++++

                     

                    | - | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    中里花子 陶展2.
                    0

                      開催中の中里花子陶展より、展示販売中の作品のご紹介です。

                       

                      lemon cup  h. 7・5×d. 7-8  3,000+税

                       

                      定番のレモンカップ。真上から見ると

                      レモンのかたちです。

                      口が付いているのでなんとなく愛嬌があります。

                      会場で手にとって、自分にぴったりの相棒を見つけてください。

                       

                      serving bowl  h.7 d. 17-18  8,000+税

                       

                      2人分程度のおかずを盛るのにちょうどいい大きさの鉢です。

                      縁が高いので盛り映えもしそうです。ブルーは一点のみの入荷です。

                      ほかに、白(白は二種)、ダークブルーがあります。

                       

                       

                      double lip bowl  h.5.5 d. 17-18  6,000+税 

                       

                      こちらも定番のダブルリップボウル。清涼感のある青磁です。

                      揺らぎのあるフォルムがとても印象的。

                      これからの季節に活躍しそうです。在庫は残1です。

                       

                      気になる器がある方はお早めにご来店ください。

                       

                      +++++++++++++++++

                      中里花子 陶展

                      2017年6月16日(金)〜25日(日) 

                      10:00〜18:00 火曜定休

                      会場:カンケイマルラボ

                      +++++++++++++++++

                       

                      | - | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/57PAGES | >>